« 「強力な個」が組織を動かしている | トップページ | 「未来を経験する場」でイノベーションハブを育てる »

2008年12月14日 (日)

フューチャーセンター: イノベーションハブを集める場

イノベーションハブ(創造的な問題解決や価値創造のネットワークのハブとなっている人)は、組織の中に点在化し、経営からは見えにくい。正式な役割ではないので、命令で動くわけでもない。社会へのインパクト、経営トップの意志、顧客の感動など、彼ら彼女ら個人の価値観に響かなければ、協力は得られない。

イノベーションハブを集め、未来志向で複雑な問題を本質から解き明かす「フューチャーセンター」を立ち上げることで、経営トップは、その意志を伝えることができる。

欧州で立ちあがったフューチャーセンターは、「未来志向で対話するための場」だ。フューチャーセンターには、(1)五感を刺激する新しい経験ができる、(2)複雑な問題が解ける可能性がある、(3)多様な人と安心して対話ができる、という期待感を持って人々が集まる。

そこには毎日更新されるキラーコンテンツ、有識者フィードバックなど、つねに有益な情報が得られる期待感がある。インパクトのある空間、対話しやすく、気付きが得られやすい場づくり、そしてよいファシリテータがそこにはいる。イベント性があって、よくデザインされたワークショップに、魅力あるゲスト、多様な参加者が来る。それがフューチャーセンターの魅力だ。

Futurecenter

組織の人と人のつながり(ソーシャルネットワーク)のなかに、「ネットワークハブ」を見つける。ネットワークハブの中から、問題を本質から解いてくれる「イノベーションハブ」の役割を担う人を見つける。そして次は、イノベーションハブが集まる「フューチャーセンター」を用意する。

それができれば、その結節点には、社会の様々な知が集まり、そこで新たな価値が生み出されることになる。

« 「強力な個」が組織を動かしている | トップページ | 「未来を経験する場」でイノベーションハブを育てる »

KDI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140210/26179077

この記事へのトラックバック一覧です: フューチャーセンター: イノベーションハブを集める場:

« 「強力な個」が組織を動かしている | トップページ | 「未来を経験する場」でイノベーションハブを育てる »