« サラリーマン第三の道 | トップページ | 「事務局力」を磨け »

2008年12月20日 (土)

管理職を目指すな

あえて言いたい。「管理職を目指すな!」と。

管理職になるな、とは言わない。だが、今の組織構造の中で管理職を目指すことは、サラリーマン第三の道を歩むことと、まったく反対の行動指針に従うことになる。

「管理職を目指す人」の行動指針 (;;;´Д`)ゝ
・ 業績目標の達成に躍起
・ 残業をたくさんする
・ 上司の好きなタイプになる
・ 部門利益に貢献する
・ 無理な挑戦はしない

「サラリーマン第三の道を歩む人」の行動指針 ヽ(´▽`)/
・ 理想の実現に真剣
・ 社外の人と活発に会う
・ 他部門の上位層にメンターを持つ
・ 全社利益を考えて行動する
・ 挑戦して失敗してもめげない

自分自身の行動に、思い当たるところはないだろうか?また反論として、「後者が大切なのはわかるが、前者をおさえてないと、いつまでたっても出世しないじゃないか」という声が聞こえてきそうだ。それでは、前者の行動指針では管理職にすらなれない、後者の行動指針でいる人たちが経営人材になっていくのだ、ということをご理解いただこう。

管理職を目指すことのリスクが高まった要因は、どの会社も管理職ポストを絞ってきており、短期的評価を積み上げても、ダントツでなければ管理職になれない組織構造になってきていることだ。管理職を目指す行動指針では、運がよくても課長どまり。それ以上の出世は困難な時代だ。
そして皮肉なことに、経営層の関心は、「組織には実行力、個人には革新力を求めるという、ねじれ構造」をつねに持っている。その結果、組織目標の達成に躍起になって、上に気に入られる成果を挙げ続けたとしても、短期的評価しか得られず、「自ら言い出して改革に取り組む人間」が、経営人材として登用されていくのを指をくわえて眺めることになる。それでも、あなたは管理職をめざすのか?

では、一方の「自ら言い出して改革に取り組む人間」とは、どんな人材なのだろうか?MBAを持つ経営者予備軍か?答えは、多くの場合、Noだ。こういう人間こそ、サラリーマン第三の道を歩む、「青臭いことを言う人物」なのである。売り上げ目標に汲々とすることなく、「支店のメンバーの成功事例を共有しましょう」と勉強会を企画したり、他の部門にしょっちゅう話を聞きに行ったり、役員がやってくると積極的に質問したりと、とにかく青臭い人物なのだ。

管理職を目指す人たちからすると、こういった青臭い人物は、うさんくさい。行動指針がまったく異なるので、「上司の受けをよくしたくて、改革に取り組んでいるのではないか?」とうがった見方をしたりもする。こういう見方をしている人たちは、一生、経営者から信用されることはない。なぜなら、サラリーマン第三の道を歩む青臭いことを言う人物は、「本気でみんなのことを考え、本気で経営のことを心配している」からだ。経営者から見て、こういう人物が信用できるということは、自明の理だ。

ご理解いただけただろうか?管理職を目指すと、その行動指針が自らの将来をせばめてしまっていることを。だったらはじめから、第三の道を歩んでみませんか?

« サラリーマン第三の道 | トップページ | 「事務局力」を磨け »

「事務局力」の基本と実践」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140210/26343696

この記事へのトラックバック一覧です: 管理職を目指すな:

« サラリーマン第三の道 | トップページ | 「事務局力」を磨け »